HOME>特集>色の補正フィルターについての気をつけると良いことは。

色の補正フィルターとは何なのか。

アクリル板

色補正フィルターをご存知ですか。色補正フィルターは、赤外部や近赤外部に対して、選択して吸収することのできるフィルターのことなのだそうです。青や赤や緑の色の光を調節するフィルターのことと言うと、分かり易いかも知れません。撮像の感度の補正用や露出計感度の補正用に使われるもののようです。用途としては、映像機器やディスプレイとして使われます。希望に沿ったサイズへの加工が行われ、研磨された商品を提供してくれるところもあります。標準的な商品として、決められたサイズを用意している場合もあるそうです。9千円から1万円程が標準的な価格となって、販売されていたりするようです。

気をつけることは。

色補正フィルターについて、気をつけたいことは、吸収波長の域にある高出力レーザーや高エネルギーパルスレーザに対しては、使用できないということです。他に、両方の面に、反射防止のコートが施されていない場合があることです。裏表の反射光によって、10%近くの透過率の損失が出てしまうことがあるそうです。耐候性に欠けることがあるものもあります。高音質度にある環境で、長い時間晒すと、研磨された面が曇ってしまい、焼けと呼ばれる状態になってしまうのだそうです。波長の透過率が異なってくる場合もあるようです。

広告募集中